[HowToTrouble]に戻る

編集関連
 Q1  回転(R)と尺度変更(R)のミックスは有る?
  Ans1  回転(R)と尺度変更(R)のミックスの例。


 Ans1 回転(R)と尺度変更(R)のミックスの例。(位置合わせ<align>)
 
(1)下図の[湯沸室]の<シンク>を左側の壁にくっつけて、かつ長さも壁と同じにしたいと思います。
   シンクの①と壁の角の①シンクの②と壁の角の②を合わせます。

 [位置合わせ<align>]は、回転の(R)と尺度変更の(R)をミックスしたコマンドです。

 

(2)キーボードから <align>と入力します。(DraftSightには、アイコンはありません。)
   (他のCADでは、 のアイコンが用意されています。)

 エンティティを指定» マウスでシンク全体を選択します。

 

(3)
 第1の基点を指定» マウスでシンクの①を指示します。

 
 
(4)
 1つ目の目的点を指定» マウスで壁の①を指示します。

 

(5)
 2つ目の基点を指定» マウスでシンクの②を指示します。

 

(6)
 2つ目の目的点を指定» マウスで壁の②を指示します。

 

(7)
 オプション: Enter キーで続行 または3つ目の基点を指定»
 キーボードからEnterを押します。

 デフォルト: いいえ
 確認: 位置合わせ点を基にエンティティを尺度調整しますか?
 指定 はい(Y) または いいえ»  キーボードから <Y> と入力します。

 下図のように、シンクは壁と平行に回転し、かつ壁と同じ長さに尺度変更されています。

 

 (注)上記で、指定 はい(Y) または いいえ» の時、<N> と入力すると
    回転の[R]と同じになります。