[HowToTrouble]に戻る

 第4章  デザインセンターの表示
 Q1  デザインセンターの表示を初期の状態に戻す方法。
  Ans1  デザインセンターの[表示]と[自動的に隠す]
  Ans2  デザインセンターの表示を初期の状態に戻す方法


 Ans1 デザインセンターの[表示]と[自動的に隠す] 
 
(1)[パレット]タブ → [DesignCenter]を選択します。

 

(2)初期値では画面の左端に表示されます。
   前回、フロート状態でAutoCADを終了したときは、終了時の位置に表示されます。
 
 

(3)下図の赤丸の[自動的に隠す]を指示すると(4)の図のように縦のバーだけが表示されます。

 

(4)たたまれた状態。赤い四角を指示すると、元通りに展開されます。

 

(5)展開された状態の時、下図の赤丸の[自動的に隠す]を押すと、展開した状態になります。
   つまり、[自動的に隠す]を解除します。

 

(6)元のように展開された状態。

 

(7)マウスで画面内に移動すると、フロート状態になります。

 

(8)マウスで画面の一番下などの端に移動しても、全部が隠れることはありません。
   このような時は、マウスで上手に画面の中央に移動しましょう。

 

 
 Ans2 デザインセンターの表示を初期の状態に戻す方法

(1)下図のがポイントです。

 

 
 ①  [ロード]  ファイル選択ダイアログが表示されます。
 ②  [一つ前/次]  一つ前/次の内容に移動します。
 ③  [上へ]  1つ上の階層に移動します。
 ④  [検索]  ファイルの検索ダイアログが表示されます。
 ⑤  [お気に入り]  よく使うフォルダを指定できます。
   [ホーム]  初期設定の表示に戻します。
   [ツリー]  ツリー表示を切り替えます。
 ⑧  [プレビュー]  プレビューを表示します。
 ⑨  [説明]  説明を表示します。
 ⑩  [表示切り替え]  アイコンと詳細表示を切り替えます。

(2)[ツリー表示切り替え]ボタンを押すと、(3)のように選択したフォルダの内容だけが表示されます。

 

(3)再度、[ツリー切り替え]ボタンを押すと、(2)の表示に戻ります。

 

(4)[ホーム]ボタンを押すと、AutoCADがインストールされているフォルダに戻ります。