DeepLesson に戻る

 第6章  面取り[ オプション]
 Ans1  ポリラインの面取り
 Ans2  線分の面取り
 Ans3  [Shift]キーで<D=0>の面取り
Ans1

(1)下図の左は[ポリライン]コマンドで作成した四角形です。
   右は[線分]で作成した四角形です。
   左のポリラインの各コーナーを面取りします。

 

(2)[修正]→[面取り]を選択し、右ボタンからショートカットを表示させ[距離]を選択します。

 

(3)面取りの距離を<200>にします。

 

(4)再度、右ボタンからショートカットを表示させ、[ポリライン]を選択します。

 

(5)[2Dポリラインを選択 または]のメッセージに対して、四角形を指示します。

 

(6)左図のように、四角形の4つのコーナーが一度に面取りできました。

 

 Ans2

(1)[修正]→[面取り]を選択します。
   [1本目の線を選択 または]の時、右ボタンからショートカットを表示させます。

 

(2)ショートカットの中の[複数]を選びます。

 

(3)[2本目の線を選択 または]のメッセージに対して、2本の線分を指示します。
   下図のように、1つのコーナーが面取りできました。

 

(4)続けて、他のコーナーも同じ距離で面取りできます。

 

(5)下図のように一度に面取りできました。
   線分や円弧のように、単独のオブジェクトを同じ距離で面取りするときは、[複数]オプションが便利です。

 

 Ans3

(1)下図の上側の2本が離れているので、<D=0>のコーナーを作成しようと思います。
   [修正]→[面取り]を選び、1本目の線分を選択します。

 

(2)2本目の線分を選択するときに、[Shift]キーを押しながら線分を選択します。

 

(3)下図のように<D=0>のコーナーが作図できました。

 

(4)同様に、左下も<D=0>のコーナーを作図します。
   まず、1本目を選択します。

 

(5)2本目の線分を選択するときに、[Shift]キーを押しながら線分を選択します。

 

(6)下図のように<D=0>のコーナーが作図できました。