DeepLesson に戻る


 フィールド  フィールドと表をリンクする

 (1)下図のように、建具単価表の表オブジェクトの中に[ブロック図]と[ブロック名]と[単価]を入力し、
   一番下の行に[合計]を自動的に表示する方法を説明します。

  ① [ブロック名](aw1、aw2、wd1、wd2)はフィールド文字で入力します。
  ②一番下の[55000]は自動で合計を出します。

 

 (2)[ホーム]→[注釈]→[表]コマンドで、下図のような表オブジェクトを作成します。

 

 (3)[ブロック図]を挿入しますので、[A列2行]目セルを選択して、右ボタンのショートカットから
    [挿入]→[ブロック]を選びます。
 
 
 
 (4)[表のセルにブロックを挿入]ダイアログから、[aw1]を選択します。

 

 (5)[自動フィット]にチェックし、[セル全体の位置合わせ]では[中央]を選びます。

 

 (6)指定したセル内にブロック(aw1)の画像が入ります。。

 

 (7)同様にして、[aw2][wd1][wd2]のブロックの図を配置します。

 
 
 (8)次に、ブロック図の右のセルにブロック名を[フィールド]文字で入力します。
    フィールド文字で入力すると、ブロック名が変更された時に、
    フィールド文字も自動的に変更されます。


 

 (9)[フィールド]ダイアログの[フィールド名]に<オブジェクト>を選び、
    [オブジェクト タイプ]では[オブジェクトを選択]ボタンを押します。

 

 (10)オブジェクトを選択: 表の上にある[AW1]のブロックを選択します。

 

 (11)再度[フィールド]ダイアログが表示されます。
     [プロパティ]から<名前>、[形式]から<小文字>を選択します。
     [プレビュー]で確認できます。

 

 (12)[OK]ボタンを押すと、下図のように選択したセルにブロック名(aw1)が配置されます。

 

 (13)同様にして、[aw2][wd1][wd2]のブロックの名前を配置します。

 

 (14)次に右端のセルに[単価]を入力します。
     これは通常の文字入力になります。
     一番下の赤枠内は、合計値を自動で入力します。

 

 (15)セルを選択した状態で、右ボタンのショートカットから[合計]を選びます。

 

 (16)表のセル範囲の最初のコーナーを選択: マウスであたりを指示します。
     表のセル範囲の 2 番目のコーナーを選択: マウスであたりを指示します。
 
 

 (17)下図のように[ = Sum(C2:C5) ]が表示されますから、エンターで確定します。

 

 (18)下図のように、合計値が表示されました。

 

 (19)上に表示されたフィールド文字の背景は無色になっています。
     もし背景色を付ける場合は、[オプション]→[基本設定]タブの[フィールドの背景を表示]にチェックを入れます。

 

 (20)下図のように、フィールド文字に背景色が付きました。

 

 
    ブロックの名前を変更する 
 
 (1)ブロックの名前を変更します。
   
  のブロック名は<AW1>ですが、この名前を<SW1>に変更します。

 (2)キーボードから[rename]と入力します。
    表示される[名前変更]のダイアログから、[元の名前]に<aw1>を選択し、
    [新しい名前]に<SW1>と入力し、[OK]ボタンを押します。

 

 (3)キーボードから[regen]と入力すると、ブロック名が[sw1]に変更になっています。

 

    単価を変更する 
 
 (1)[C列2行]目の<20000>のセルを選択します。
   
  

 (2)<20000>を<50000>に変更して、エンターを押します。

 

 (3)一番下の合計値が、自動的に<85000>に変更されています。