DeepLesson に戻る

 第5章  Excelの表をAutoCADへ[リンク貼り付け]する方法
 Excelワークシートで貼り付ける

(1)Excelの表からAutoCADへ貼り付ける範囲を選択して、右ボタンのショートカットから[コピー]を選びます。
 
 

(2)AutoCADへ移り、[ホーム]→[クリップボード]→[形式を選択して貼り付け]を選択します。

 

(3)[形式を選択して貼り付け]ダイアログから[Microsoft Excel ワークシート]を選択し、
   [OK]ボタンを押します。

 

(4)下図のようにAutoCADの図面内に挿入されます。

 

(5)文字の大きさを変更するときは、選択した状態で右ボタンを押して
   ショートカットから[文字サイズ]を選びます。

 

(6)[OLE文字サイズ]の[文字の高さ]を<8>と入力し、[OK]ボタンを押します。

 

(7)左が挿入時の元の大きさ、右が[文字の高さ]を<8>にした大きさです。

 

(8)表の内容を変更する場合は、選択した状態で右ボタンを押してショートカットから[開く]を選びます。
   (または、表の中でダブルクリックしても、Excelは開きます。)

 

(9)Excelの元のファイルが範囲選択した状態で表示されます。

 

(10)Excelの表の[地番]の列の色を[青]に変更して、[上書き保存]します。

 

(11)AutoCADに切り替えると、自動的に地番の列の文字が青に変更されています。

 

 
 注意点  (1)変更は、必ずExcel側で行います。(AutoCAD側からは変更できません。)

 (2)挿入した表の[枠]の表示設定は、[OLEFRAME]コマンドを使います。
    キーボードから<OLEFRAME>と入力します。
 
 0: フレームは、表示も印刷もされません。
 1: フレームは、表示されて印刷されます。
 2: フレームは、表示されますが、印刷されません。
 
 AutoCAD 図形で貼り付ける

(1)Excelの表からAutoCADへ貼り付ける範囲を選択して、右ボタンのショートカットから[コピー]を選びます。
 
 

(2)AutoCADへ移り、[ホーム]→[クリップボード]→[形式を選択して貼り付け]を選択します。

 

(3)[形式を選択して貼り付け]ダイアログから[AutoCAD 図形]を選択し、
   [OK]ボタンを押します。

 

(4)挿入位置を指定します。

 

(5)挿入された表は、AutoCADの表オブジェクトです。

 

(6) 表オブジェクトとして編集できます。

 

(7)[データ リンク]が表示されますが、赤枠の中を見ると[内容をロック]となっています。
   ロックを解除しないと編集はできません。

 

(8)変更したいセル(B2)を選択して、右ボタンのショートカットから[ロック解除]を選びます。

 

(9)[B2]のセルの内容を<AAAAAAA>に変更します。

 

(10)セル(B2)を選択して、右ボタンのショートカットから[内容をロック]を選びます。

 

(11)Excelの表を変更した場合。
    Excelの[C4]のセルを<BBBBBBB>に変更して保存します。

 

(12)AutoCADの表を選択し、
    右ボタンのショートカットから[更新内容をソースファイルからダウンロード]を選びます。

 

(13)Excelの変更が反映されています。

 

(14)上記(12)の他に、[表のデータリンクを更新]からも変更できます。

 

 データ更新

(1)Excel側で変更した結果をAutoCADの表に反映するには、次の①か②を使います。

①上記の(12)または(14)を使う。

②[ステータスバー]の[データリンクは変更されました]のメッセージが表示されるので、
 3行目の青い文字を指示すると、自動的に表は変更されます。