DeepLesson に戻る


 ハッチング  自分が作成した[ハッチング パターン]を使用する
 使用するハッチング(hat.zip   圧縮ファイル(適当なフォルダに解凍して、AutoCADの[オプション]→[サポートファイルの検索パス]で保存場所を指定してください。)

 (1)ハッチングのパターンを選択するには、下図のように [ハッチング作成] → [オプション] → [ハッチング設定]ダイアログを開きます。

 

 (2)[ハッチング]タブの[パターン]の右にある ボタンを押します。

 

 (3)[ハッチング パターン パレット]の[カスタム]を選びます。
    この中に自分が作成したハッチング パターンが表示されます。
    初期値はAutoCADが提供するパターンしか登録されていません。

 

(4)ハッチング パターンはメモ帳などで下記のように作成します。拡張子は [.pat]です。
   これらのハッチングをフォルダを付けて保存します。(例では、Hat にしています。)

 

 上記のパターンは下図のようなハッチングになります。

 

 (5)自作のハッチング パターンを使用するには、
    AutoCADの[オプション]→[サポートファイルの検索パス]で保存場所を指定する必要があります。


 (6)[オプション]→[ファイル]→[サポートファイルの検索パス]を開き、右の[追加]ボタンを押します。

 

 (7)続いて[参照]ボタンを押して、ハッチング パターンを保存しているフォルダを指定します。

 

 (8)下図の例は、Autodeskの中の[Hat]フォルダを指定しています。

 

 (9)[適用]ボタンを押して、このダイアログを閉じます。

 

 (10)[定義済みパターン]の右下の ボタンを押します。

 

 (11)[カスタム]タブを開くと、自分が作成したハッチング パターンが表示されます。
     [do01.pat]を選択すると、右の領域にハッチング パターンの図が表示されます。
     これで、自分が作成したパターンが使用できます。

 

 (12)上記の方法以外でも使用できます。
     [ハッチング作成]→[パターン]の右下の↓(赤丸)を指示します。

 

 (13)自作のハッチング パターンの一覧が表示されますから、
     常時、これらのハッチング パターンを使用できます。