DeepLesson に戻る

 第2章  点フィルターの使い方

座標の入力は(X座標、Y座標)の組み合わせて入力しますが、
X座標とY座標を別々に入力することができます。
これを「点フィルター」と言います。< .X>か< .Y>と入力します。

(1)下図の赤い窓は右下のコーナー(赤印)から、左に<1500>、上へ<600>の位置にあります。

 

(2)今、窓が右下のコーナーにあるとき、この窓をX方向へ<-1500>、Y方向へ<600>の位置に
   別々に入力します。

 

(3)[移動]コマンドを使います。

   コマンド: _move
   オブジェクトを選択: 窓を選択します。
   基点を指定 または [移動距離(D)] <移動距離>:

   移動の起点を窓の右下にします。

 

(4)目的点を指定 または <基点を移動距離として使用>: .x ←ここがポイント
   仮想値を入力 @-1500,0 (@マークの後に、X座標の<-1500>だけを入力します。Yは<0>)

 

(5)(YZ 値を入力): @0,600(@マークの後に、Y座標の<600>だけを入力します。Xは<0>)
   下図のように、点フィルターを使って移動できました。