DeepLesson に戻る


 レイアウト  [レイアウト-モデル変換]( ExportLayout)
 レイアウトの状態をそのままモデル空間に書き出して、新しいdwgファイルを作成します。

 コマンドの場所
2つあります

 下図のレイアウト図は、A3の用紙に3つのレイアウトを配置しています。
 この3つのレイアウト図を同じ大きさのままでモデル空間に書き出し、
 新ファイルとして保存します。

 

 [ExportLayout]コマンドを使うには、2通りあります。

 (1)[アプリケーション メニュー]→[名前を付けて保存]→[レイアウトを図面として保存]

 

 (2)[レイアウト]の[シート]の上で右ボタンを押して、[レイアウトをモデルに書き出し]

 

 
使い方

 (1)保存する場所を聞いてきますので、保存するフォルダを開き、
    ファイル名を付けて[保存]ボタンを押します。

 

 (2)正常に保存されると、下図のようなメッセージが表示されます。
    [開く]ボタンを押すと、保存した図面が開きます。

 

 (3)開いた図面の大きさは、レイアウトと同じA3の大きさです。

 

 
注意点
 
 (1)表示される寸法値は正しくありません。
    下図のように、本来は[12280]の数値ですが、改めて寸法を測ると[61]になっています。
    このコマンドを使用するときは、寸法は除外した方がいいでしょう。